読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出張とmac

D2も終わろうとしている段階でようやくmacユーザーになったわけだが笑、

これはなかなかいい。

 

Jobsも「家族や友達のために作ったコンピュータ」といっていたが、本当に直感的にカスタマイズできるし、拡張性も高いから自分のように研究に特化したような使い方もできる。

 

macbook air で出張するときのメリット

海外などに長期間出張すると、その間は(画面の小さな)ノートパソコンで仕事をするわけなんだけど、自分で無線キーボードを持参し、現地でディスプレイさえ入手できれば、クラムシェルモードを使って大型画面で作業できる。

こうするとデータを持ち運びやすいmacbook airに一本化できるし、その上、画面の小ささという最大の欠点も工夫次第で克服できる。

# Windowsでもクラムシェルできるのかもしれないけどなww

 

現地でディスプレイが調達できなくても、iPadをサブディスプレイにすることができる。

こうすると、macbook airの画面+iPadの画面で作業が出来るので、やはり画面の小ささというストレスから開放される。

# これはWindowsではできまいwww